誉田屋源兵衛 新作展 寿明月 (ことぶきみょうげつ) ~ 初春 京都・東京 染織紀行② ~

2017年01月18日

御目出度い誉田屋源兵衛のお正月。

誉田屋着物屋敷は穏やかな年の始めを迎えました。

今年も誉田屋の新春のお弁当 木乃婦の京料理をいただきました。

蛤真丈 大根金箔 のしもち …初春からおめでたい(*^^*)

見目美しい料理とおもてなしも誉田屋のアートのひとつです。

誉田屋源兵衛 新作展 『 寿明月 (ことぶきみょうげつ) 』春のふくひろ新作展に向けて 新たなる綺物がやって来ることとなりました。「善きことを聴く」
なんとも縁起よき響きです。

誉田屋の夏浴衣新作 ゆかたびらもこれぞというものはふくひろ綺物としておさえております。

『 春夏冬二升五合 』商い(秋ない)ますます(升升)繁盛(半升) 今年も頑張りたいと思います。

初春 京都・東京 染織紀行 いよいよ花のお江戸へ北上です(≧▽≦)


  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 18:01Comments(0)『 キモノびと 』 探訪 誉田屋源兵衛

芝崎熨斗目 栗染めの美 ~ 初春 京都・東京 染織紀行① ~

2017年01月16日

年の始めから宝物を入手し感無量 しばし見惚れる 芝崎圭一 熨斗目訪問着 栗染めの焦茶(ブラウン)

早朝の京都室町を走った、走った、息切れたΣ(×_×;)!ご存じの通り 芝崎熨斗目はその着心地、えもいわれぬ風合いで染織ファンの間で大人気、電光石火の早業でダッシュしないと入手できない稀少品なのです!

芝崎圭一先生と感激のツーショット!穏やかなお人柄の芝崎先生に心から癒されましたが、僕はドタバタ駆け込んできてハァハァ息切れてます(笑)

栗染めに藍のグラデーション。この濃淡に織浮かぶ端正な熨斗目文様。なんともたまらない趣があります。

今回の仕入れは日程の都合で京都から東京まで連続出張になりました。臨時休業でご迷惑おかけしましたが
おかげさまで新春からとても縁起良い仕入れと素晴らしいキモノびとたちとの素敵な出逢いがありました。
初春京都・東京 染織紀行 まだまだ続きます!(≧▽≦)



  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 18:56Comments(0)『 キモノびと 』 探訪 

ふくひろ綺物で福尽くし ~ おめでたい天草のお正月 ~

2017年01月03日

初春よりふくひろ綺物で福尽くし。感激です(*^▽^*)

天草望洋閣 若女将 が天草のお正月をふくひろ綺物で祝っていただきました。

宝石箱をひっくり返したような見事な更紗小紋。こんな染めの重たい小紋は滅多とありません。ターコイズの八掛がキリリと利いております。

紅い黒猫襦袢になんと赤ずきんちゃんの刺繍半襟!
のぞいてる森のオオカミ!なんてスリリング( v^-゜)

誉田屋源兵衛謹製御帯 たわわに実るターコイズ葡萄唐草。豊穣招く誉田屋の祝い帯。

半襟帯締め小物ひとつひとつ、着物を愛でる心、着物を大切に想うひと針ひと針が統(す)べ合わさって 素晴らしき「ふくひろ綺物」が出来上がることに感激し、ふくひろは年も新たにみなさまに感謝しております。

天草のお目出度いお正月 なんとも和やかな福尽くし

年頭より福を授けて戴き誠にありがとうございます。

天草下田温泉 望洋閣
http://www.boyokaku.jp/






  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 15:16Comments(0)いまどきのキモノ

雪の妖精 シマエナガ ~ 新年明けましておめでとうございます ~

2017年01月01日

2017 初春 純心無垢のふくひろ綺物。


『 雪の妖精 シマエナガ 』
絞りとパッチワーク 工芸染織名古屋帯の極み。

ふくひろは更なる染織の粋を追い求めてゆきます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 00:06Comments(0)いまどきのキモノ

めざめよ着物!ふくひろ遊びが雑誌アヴァンティに掲載されました。

2016年12月21日

めざめよ着物!ふくひろ遊びが雑誌アヴァンティに掲載されました!(*^▽^)/★*☆♪

バンコク在住の画家阿部恭子先生の描く天真爛漫な着物女子♪まさに一月号にふさわしい華やかさ。

撮影快調!はじめてのお誂(あつら)え着物をコンセプトにカジュアル着物とセミフォーマル着物の2パターンを撮影してもらいました。

金茶紬に「冬のランプ」の帯。季節や着物ユーザーの趣味を表現するオシャレ帯と無地感覚キモノの組み合わせ、帯合わせは無限大∞です。

ブルー格子紬にコーヒーカップ、カフェの帯。着装着付けで遊び心満載の着物コーデ。休日の昼下がり、キモノでカフェ巡りなんていかが?

着物の顔映り、帯合わせ、帯締め帯揚げの色差し、八掛の選び方 etc. 編集部はキモノ入門編として 非常に的確コンパクトにまとめてくださいました。

先日の博多織求評会で知り合った博多織作家 宮嶋美紀さんがアヴァンティ巻頭に登場!ご縁を感じます。

ぱらっと刺繍付け下げにあっさり礼装袋帯のスーツ感覚セミフォーマル礼装着物コーデ。パーティーのような軽い式典や友人同士の畏(かしこ)まらない会食がふえてきた今日この頃…そんな現代のキモノ事情 キモノ生活にフィットした和の装いだと思います。

働く女性のための雑誌アヴァンティ。新企画として初の本格的着物特集号。着物好きの方なら永久保存版になるのではないでしょうか?(o≧▽゜)o

  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 20:13Comments(0)ふくひろキモノが雑誌掲載されました

『鉄輪 kanawa』『弱法師 yoroboshi 』 ~着物 de 観劇 能狂言~

2016年12月18日

福岡市大濠公園能楽堂へやってきました。能狂言の舞台にお招きいただいたのです。大濠公園は快晴なり。

御召紋羽織に仙台平袴でお伺いしました。現代の男性第一礼装ですがお能の観劇にはよいのではないかなぁといそいそと着込んで馳せ参じました。(ノ´∀`*)

御召紋羽織の羽裏は偶然にもお能の摺り友禅でした。自分でもちょっとびっくりです。この羽裏が今日このときの出番を待っていたのかもしれませんね!

若き観世流能楽師 坂口貴信さんがシテを演じます。
『弱法師 よろぼし』は波瀾万丈の人生を重ねた弱法師が親子の再会を果たすお話。
蝋燭能『鉄輪 かなわ』は嫉妬に狂った女の生き霊が鬼女となり元夫に祟るが陰陽師 安倍晴明によって祓われ退散させられるお話です。
能を拝見するのは初めてだったのですがその震えるような静寂と緊張感に感動致しました。

能衣装、その美しさにため息がでます。芝崎圭一さんの熨斗目訪問着を想起しました。能衣装はある意味 礼装着物の源泉源流ですね。

お誘いしてくださった藤間裕志朗先生は誉田屋源兵衛謹製 織熨斗目訪問着に同じく源兵衛の義経千本櫻の帯を締めてきてくださいました。

紅い御紋は京都養源院血天井の紅(あか)を縫い紋で表しました。帯の基調色の紅(あか)は源義経の鎧、緋威(ひおどし)の紅(あか)なのです。

初めて観る能狂言、大変勉強になりました。

冬熨斗目 大濠能楽 絶景かな (o≧▽゜)o
  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 14:38Comments(0)誉田屋源兵衛

孔雀羽根 神秘の綺物(きもの) ~大正浪漫への果てしなき憧憬(あこがれ) ~

2016年12月10日

孔雀羽根帯への郷愁と憧憬(あこがれ) ふくひろの追い求める美しき綺物(きもの)たち…

七色に変幻する玉虫色の綾糸 妖艶なるサロメの麗衣

孔雀羽根の綺物(きもの)には心躍る憧憬(あこがれ)があるのです。 大正浪漫 レトロモダン アールヌーボー 鹿鳴館の夜会に咲くエキゾチックな名花たち…

高畠華宵の美人画 その孔雀羽根ふくら雀に見惚れる。

蕗谷虹児「孤愁」孔雀羽根振袖の長羽織

忘れじのふくひろ綺物 総絞り孔雀羽根振袖 眼に焼き付けておきたい逸品でした。

紅花紬訪問着『紅泥』その妖艶なる輝きに息をのむ。こんな神秘的な織物は今まで見たことがありません。

染匠野口謹製『孔雀羽根総刺繍御帯』そのレトロで抒情的な妖しさ美しさに魅了される。

高畠華宵 『口真似』孔雀羽根帯への憧憬(あこがれ)は果てしない。

綺物の綺は「奇」でもあるが 綺麗の「綺」でなくてはいけないと思います。
ふくひろはこれからも神秘的で綺麗な「綺物」たちを追求してゆきます。

  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 18:41Comments(2)山形のおじさん

【ふくひろ緊急企画】山形の織物 産地直送展 ~山形のおじさんと再会❗~

2016年11月30日

       【ふくひろ緊急企画】
    突然ですが 12月2日(金)より11日(日)
       『 山形の織物 産地直送展 』
      ふくひろ店内にて催します。

山形のおじさんと再会!冬のふくひろ綺物屋敷へ
新たな山形伝統織物たちがやって来ました。
やがて 山形のおじさんといつしか話が盛り上がり
「山形の紬ば 安くだしてけろ!」
ということで急遽この企画が決まりましたのです。


紅花紬  ¥150000(税別)→¥58000(税別)
長井紬  ¥168000(税別)→¥68000(税別)
真綿紬  ¥220000(税別)→¥88000(税別)などなど

おじさんの織物はお安くお出ししたいと思います。
ご興味のある方はどうぞお立ち寄り、お問い合わせ 心よりお待ち申し上げております。

#山形のおじさん #山形の織物産地直送展 #ふくひろ

  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 00:30Comments(2)山形のおじさん

赤ワイン ボルドー色のクリスマス帯 ~『美しいキモノ 2016 冬号』掲載~

2016年11月25日

とっても可愛い ふくひろのクリスマス名古屋帯が
雑誌『美しいキモノ 2016春号』に掲載されました。  (P266)

聖夜にふさわしい 赤ワイン ボルドー色の塩瀬です。

クリスマスモチーフのフォーチュンクッキーを刺繍で表してます。トナカイさんの鼻も紅いのです(#^.^#)

ピンクボンボンの帯締めとbar のいろんな洋酒を染めた帯揚げを合わせてみました。

クリスマスの夜はきっと飲みすぎるなぁ(笑)( ̄▽ ̄;)

全国書店などでぜひ手にとってごらんください。モデルさん着用の現品はふくひろに展示しております。

  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 14:40Comments(2)ふくひろキモノが雑誌掲載されました

北九州呉服商組合創立五十周年 キモノ園遊会 ~ふくひろ綺物コレクション~

2016年11月20日

わぁ素敵な着物美人たちがずらりと勢揃い❗(*^▽^*)
実はいまから雑誌『美しいキモノ』の撮影がここ執り行われるのです。みなさま選りすぐりのお着物姿でご来場いただきました。

本日は 北九州呉服商組合 創立五十周年記念
『キモノ園遊会』がここクラウンパレスホテルで開催されるのです。北九州商工会議所の協力のもとキモノ産地からたくさんの御協賛をいただきました。本当にありがとうございます。

『美しいキモノ』の女性ライターと女性カメラマンがわざわざおいでくださいました。さすがお着物に精通したお気遣い溢れる撮影に感激!女性らしい細やかな気配りで丁寧な撮影をしていただきました。呉服商組合員一同 心から感謝しております。

おおぉ みるみるキモノ長蛇の列!

みなさんの素敵なお着物写真は『美しいキモノ 2017春号』(2/11発売)に一挙掲載されます。いまからもォ待ち遠しくて待ちきれませんね(*´ω`*)

壮観。総勢100人近いお着物姿のお客様が一堂にお集まり頂きました。呉服屋として喜びを感じます。

乾杯の挨拶ヤバー(笑)メチャ緊張しました(;・∀・)

【キモノ園遊会 ふくひろ綺物コレクション】
誉田屋源兵衛 ペパーミントの夢

誉田屋源兵衛 古箔菱文 五十年前の枯れた金箔。

ハートペアのツバメ小紋にツインの黒猫絞り帯。ツイン合わせが楽しい着物コーデ♡

ロイヤルブルー 銀色のクリスマス

素敵なクリスマスコーデありがとうございます(*^^*)

清しこの夜 ツリー帯留め。まさに聖夜のキモノ

誉田屋源兵衛 熨斗目訪問着『風の薔薇』孔雀羽根織赤漆 『夢の成る木』源兵衛のまさにまさに超絶技巧!

wind rose <風の薔薇>とは古代ギリシャの風を読む地図風配図に由来します。その方位針が薔薇の花のようにみえたのです。これぞ超絶技巧の綺物なり。

江戸の金彩友禅 中井の逸品 金雪輪 塩瀬名古屋帯

楚々とした無地感覚訪問着。母の着物を纏う幸せ。

キモノ園遊会五十年の節目をみなさまに素敵なお着物姿でお祝い頂き本当にありがとうございます。
北九州呉服商組合はこれからもみなさまにキモノの美しさ、楽しさをお伝えできますように日々努力邁進していきます。






  

博多織求評会 プレイバック part2 ~ 総本山 織屋にしむら を訪ねて ~

2016年11月17日

緋色の世界 着物女子と博多織が佇(たたず)む風景 …
着物姿で訪れる二度目の博多織 承天寺 詣で。

博多織求評会 プレイバック part 2 なのです(#^.^#)

国立博物館へ「鳥獣戯画」も観てきました❗朝から並んだのでゆっくり観賞ラッキー☆⌒(*^∇゜)v

カーキ色の博多献上はさすがのオーラを発散! この内閣総理大臣賞受賞作品は個人的に大好きでした。

博多織の若き女性作家 宮嶋美紀さん。山吹色の博多織の着尺に 深緑博多織の帯 どちらもご自分で織られたそうです!素晴らしい!

展示されていた宮嶋美紀さんの作品。現代的で新しい色の使い方です。なんとポップでガーリーな博多織なのでしょう!

紅い博多織 妖しく闇に映える… ちょっと想いを馳せる江戸川乱歩の世界

織りびとにその創りし作品を訊ねる幸せ。

博多織の総本山 織屋にしむら を訪ねました。創立百五十五周年記念展です。

大変珍しい博多献上の丸帯。博多織の生絹(すずし) 生絹とは夏の衣のこと。本邦初公開 織屋にしむら 戦前のお宝。にしむらの歴史の深さを感じます。

古典的献上柄だけではなく 現代的で斬新な色柄に挑戦し続けている にしむら織物。

佐賀県に赴いても佐賀錦の帯に出合うことはなぜか少ない。元来 佐賀錦の帯は博多織の機場で織られていたからです。そういう意味では博多織の佐賀錦は原点回帰なのです。

脇山俊明さんは今年の西部伝統工芸展で朝日新聞社賞を受賞しました。ただただ無心に創作に向かうその後ろ姿に出逢えたことに心からご縁を感じます。

若き天才博多織作家 脇山俊明 作 博多織 男帯 がふくひろ綺物屋敷へやって来る❗あ、今織ってもらってますからね、comming soon ❤乞うご期待(ノ´∀`*)

百五十五周年記念制作 両面リバーシブル男角帯。
見入れば魅入るほどに見惚れてしまう 不思議な織
不思議なアースカラー 大地の色 躍動する綾糸…
博多織の本領を今回あらためて認識しました。
ふくひろ綺物屋敷に新たなる染織進化ワールドがさらにさらに広がります。

  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 06:33Comments(2)『 キモノびと 』 探訪 

キモノで散策 紅葉の承天寺 ~ 秋の博多織求評会 ~

2016年11月14日

博多織求評会が博多の承天寺で開催されました。博多織の織元が自信作をこぞって出品し、関係者 着物愛好者が集まってその年の優秀作を審査選考するのです。

博多駅からほど近いところにこんなに静かで落ち着いた空間があるなんて!なんと綺麗な枯山水の庭園でしょう。

博多織会場にターコイズ映える。

博多の真ん中とは思えない静寂。鳥の囀ずりだけが響き渡っています。

さぁて どの作品に投票しようかな?

求評会に着物女子がわんさかわんさか

異次元的なカラーリングの博多織に眼が釘付け!

承天寺のお庭で野点(のだて)の茶会。

お饅頭にも「承」天寺。此所 承天寺はお饅頭発祥の地であり、うどん発祥の地、そして何より博多織発祥の地でもあるのです。

気配りの行き届いたお点前に心癒されました。

このあと二日市の織屋にしむらを訪ねました。実際に博多織を織っている様子を見学です。

佐賀錦の手織り。

佐賀錦と唐織の絶妙なる融合。

博多織の若き天才。妥協しない創作姿勢。そのオーラを背中から感じます。

博多織の機(はた)の音。なぜかドキドキ心ときめく。

からからからから… 糸繰りの詩。

千々に広がる色の綾糸。どこか知らない異国の街の風景のような…。

着物で散策 紅葉(こうよう)の承天寺。紅葉以上に色鮮やかな博多織求評会に気分も高揚しました(#^.^#)  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 04:05Comments(0)『 キモノびと 』 探訪 

若冲 × 吉野間道 × 水鳥羽根織 ふくひろキモノ遊び 染織の饗宴

2016年11月08日

世界にキモノを発信する 和奏美 wasomi のみなさんがわざわざ博多からふくひろキモノ遊びにおいでくださいました♪ヽ(´▽`)/

ふくひろキモノ遊びは実際にキモノをお顔に合わせて風合いや手触りを体感してもらいます。もちろんお買い物など関係なく(笑)(ノ´∀`*)どんな色や柄が自分に合うのか?どんな帯合わせが一番ピッタリくるのか?キモノと戯(たわむ)れながらすこしずつ自分色、自分柄を探していくのです。

鳴り物の小紋。いろんな楽器が染められています。音楽会やコンサートで着物をお召しになる方が最近とても多いのです。それに鳴り物はとても縁起の良い柄なのですよ♪

檸檬色の帯を合わせました❗おお似合う( ☆∀☆)
お着物はお顔に合わすまでどんな色や柄が似合うかわかりません。ふくひろ遊びはキモノ遊びをしながら自分に合う色や柄を見つけてもらうキモノ時間でもあるのです。

江戸小紋は縞ものがやはり本格です。遠目の江戸小紋縞は不思議な色と風合いの無地着物に見えます。その醸し出される気品にクラクラします。

藤山千春さんは東京大井町で女性だけの草木染め染織工房を構えています。こうして吉野間道と江戸小紋を合わせてみると不思議と江戸風味が顔を出します。内包する文化が通底しているのですね。お互いのオーラ高め合う絶妙コーデ(*^▽^)/★*☆♪

金の卵の名古屋帯。袋帯はもちろん塩瀬染め名古屋帯から織名古屋帯、工芸作家帯まで… 江戸小紋はやはり帯合わせ 万能ですっ!♪ (#^ー°)v

獅子に竜馬(りゅうめ) 勢いのある吉祥文様です。ふくひろキモノ屋敷の 綺物(きもの) たちはジャンル縦横無尽!どんな組み合わせがどんなひとの着物スタイルと魅きつけ合うのか?その廻り合わせは無限大… 着物コーデの夢がどんどん広がります。

珍品 水鳥羽根織。水鳥の羽根を実際に糸とともに織り込んでいます。伝統工芸系の本にはほとんど登場しませんが、むかしから鳥獣羽毛を織り込む原始紬は東北地方山間部で細々と織り継がれてきたのです。鶴の恩返しみたい!とみなさん大喜び(*^^*) 暖かく軽かな風合い、さらに防水防虫の意味もあったのでしょうが、何より水鳥の美しい羽毛に織りびとは想いを馳せたに違いありません…

奇想の絵師 伊藤若冲 菊の塩瀬染帯。水鳥羽根織に若冲の菊を合わせてみました。斬新かつ未体験の着物コーデ!帯合わせはまさにインスピレーションです。

みなさん先日キモノ検定を受けてきたばかりなので着物に興味津々!いろんな着物質問が飛び交いました。結城紬の見分け方や江戸小紋の種類、いろんな着物ミニ講座をその場で開設、盛り上がりました!

やっぱりターコイズが似合いますね~(#^.^#)

キモノ時間は矢のごとし… 今日はとっても楽しかった!というみなさんのお言葉に幸せを感じました。
楽しいひとときを共有できて本当に光栄です。

     和奏美 wasomi
http://www.wasomi-dresskimono.com/  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 22:09Comments(2)いまどきのキモノ

誉田屋源兵衛 超絶セレクト ~ 紅殻飛鶴(べんがらふりそで) 世界を翔ける ~

2016年10月30日

誉田屋源兵衛 京紅唐草 飛鶴(ふりそで) と化身して
世界を翔(か)ける

【誉田屋源兵衛 超絶セレクト】超絶技巧 に引き続き
多数のご光来 誠にありがとうございます。

幕末明治に創られし幻の明治工芸… いにしえの超絶技巧に対する誉田屋源兵衛の飽くなき美への挑戦。

さらには現代染織家たちによる新たなる超絶技巧、清廉たる美の祭典!

三日後に迫っていたイタリアの舞台のために急遽 京紅唐草小紋を袖丈二尺九寸の大振袖へとお誂え致しました。

源兵衛の養源院血天井の朱(あか) 古都の紅殻格子の紅(あか)にも通じます。

いよいよ大詰め千秋楽10/31(月)最終日となりました 【誉田屋源兵衛 超絶セレクト】ぜひともひとめ お目にしておいていただきたい名セレクトです。

誉田屋源兵衛 紅殻飛鶴(べんがらふりそで)
雄々しく 世界に飛翔(はば)たきます
  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 01:52Comments(2)誉田屋源兵衛

誉田屋源兵衛 超絶セレクト ~ 10/27(木)から10/31(月)まで ~

2016年10月26日

【誉田屋源兵衛 超絶セレクト】
明日 10/27(木)から10/31(月)まで
ふくひろ 2F 特設会場 にて

『誉田屋源兵衛 超絶技巧 』
たくさんのご来場本当にありがとうございました。

「観に来て本当によかった!」「美術館みたいな展示」「知り合いにも見せたい、見てもらいたい!」みなさまの反響 心から感激しました。

みなさまの好評反響ご要望、そして何より源兵衛氏のご厚意により急遽会期延長決定しました!

梅芽吹く 春待ちの衣 見返り美人

お見逃しの方 この機会にぜひとも ご覧ください。

誉田屋源兵衛の「超絶技巧」再度ご堪能いただきたいと思います。

闇夜のカラス 八咫烏(やたがらす)
漆黒を照らす神の使い 幸福路への道先案内人。

ひとめお目にかけたく心よりお待ちしております。

  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 09:31Comments(2)誉田屋源兵衛

誉田屋源兵衛 超絶技巧 ~ thank you for your tenderness ~

2016年10月24日

    誉田屋源兵衛 超絶技巧 満員御礼
 皆様たくさんのご光来 誠に有難う御座いました。

女性の大事な身を護(まも)る誉田屋源兵衛の御帯…

その柔らかさ 軽やかさ 包み込むような優しさ…

源兵衛帯の内に秘めた tenderness をお伝えしたく…

そして何よりご多忙、御遠方の中、駆けつけて頂いた 皆様の温かさ、優しさに…

心から感謝致します。

thank you for your tenderness

誉田屋源兵衛 超絶技巧
みなさまの tenderness に感謝を込めて
  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 19:40Comments(0)誉田屋源兵衛

誉田屋源兵衛 超絶技巧 ~ 刹那 last moment ~

2016年10月23日

『 誉田屋源兵衛 超絶技巧 』 いよいよ最終日!

東京から飛んで来てくださったお客さまの祝い酒、
福井の名酒 福千歳 。このふくろうが守り神…

誉田屋源兵衛 山田拓 さん の丁寧で柔らかい説明に皆さん 熱心に耳を傾けていました。着物ファンにとって心地よき福音です。

江戸友禅作家 腰原淳策 『筒井筒』お客さまの装いに思わず見惚れてしまいました。先月 東京へおうかがいしたとき 腰原先生はこの帯を染めたときを憶えてられて懐かしそうにお話してくださったのです。

【超絶技巧 綺物異聞】
「美しいキモノ2016冬号」掲載予定
工芸名古屋帯『クリスマスの御菓子』

キモノ談義ケンケンガクガク!誉田屋源兵衛男角帯  鳥獣戯画の透かし織り。

バイオレット大島紬にグラデ総刺繍 琉球紅型の帯
お客様のふくひろ綺物に思わずため息がもれます。

  超絶技巧 いよいよ明日10/24(月) 最終日!
刹那 ~ last moment ~ その最後の最後の瞬間まで
 ひとめお目にかけたく なにとぞ ご来光のほど
    心よりお待ち申し上げております。 
  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 23:21Comments(0)誉田屋源兵衛

誉田屋源兵衛 超絶技巧 ~ 客 遠方より來(きた)る ~ 東京からお客さまがおいでくださいました

2016年10月22日

 客 遠方より來(きた)る 我に一端の綺物を遺る…
    客從遠方來 遺我一端綺 【漢詩古詩】

東京からお客さまがわざわざふくひろの展示会へとおいでくださいました、早朝飛行機に飛び乗って!

ただただ「超絶技巧」をひとめ見るために…

こんな身の震えるような感激幸せがありましょうか…

ふくひろの着物展示会にはミラクル奇蹟が起きるといってくださった方があります。

ふくひろの会では必ずドラマが産まれると…。

偶然にも同日 instagram インスタグラムのやはり東京在住のお客さまがご連絡くださり誉田屋の帯をお求めになられました。

有り難く嬉しくただただ感激しております。

ありがたきご遠方のお客さまと 「一端の綺物」が橋渡しとなり 素晴らしいご縁をいただきました。
      誉田屋源兵衛 超絶技巧  
     10/23(日)24(月) 残り二日間
  なにとぞご光来のほど心よりお待ちしております。



  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 23:26Comments(0)誉田屋源兵衛

誉田屋源兵衛 超絶技巧 ~ 完全新作 産まれて間もなき 美しき綺物たち ~

2016年10月21日

ようこそ 目を見張る『超絶技巧』誉田屋ワールドへ

弁柄格子の紅(あか) 京の傾奇(かぶき)もの 京の粋…

筆舌に尽くしがたき輝き 誉田屋の螺鈿(らでん)

黒漆(くろうるし) 禁色(きんじき)の紫晨に酔ふ

オパールの蒼き輝き 妖しき光は超絶技巧の極み…

   初日から かくも 盛大なるご来場
   誠に 厚く熱く 御礼申し上げます。

誉田屋源兵衛 完全新作。織り上がり 染め上がり
まだ産まれて間もなき 美しき綺物(きもの)たち…
これだけの逸品を今回のために特別に誂えて頂き
誉田屋源兵衛社長に深く感謝しております。

     誉田屋源兵衛 超絶技巧
   残り三日 10/22(土)23(日)24(月)
   ただただ ひとめ お目にかけたく
 皆様のご来場心よりお待ち申し上げております。 

  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 15:35Comments(0)誉田屋源兵衛

誉田屋源兵衛 超絶技巧 ・前夜 ~ 綺物たちの囁き ~

2016年10月20日

超絶技巧 前夜。嵐の前の静けさ…

「 計りて作らず 本物は残りて候 」誉田屋源兵衛

綺物たちの囁き。染織の誉れ 此処ふくひろに集う。

誉田屋源兵衛の振袖。『能衣 松梅文』

誉田屋源兵衛 完全新作。目を見張る超絶技巧…

     『 誉田屋源兵衛 超絶技巧 』
      いよいよ明日 21日初日
   10/21(金)22(土)23(日)24(月) 四日間
     ふくひろ二階特設会場にて
    なにとぞ ひとめ お目にかけたく
  心よりご来場お待ち申し上げております。  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 18:12Comments(2)誉田屋源兵衛