Posted by at

変若新月 (おちしんげつ) ~ 誉田屋源兵衛 創立弐百八拾周年の年明け ~

2018年01月19日

変若新月 (おちしんげつ)
すべてが若返り すべてが新しく創成される
御目出度き 新春の誉れ 戌の歳



創立弐百八拾周年を記念した新作展『 変若新月 』が初春の京都 誉田屋源兵衛邸で催されました。



誉田屋源兵衞の正月飾りはまことに壮観です。



誉田屋源兵衞弐百八拾周年記念作品
謹製御袋帯『 三舟の誉れ 』



風に乗る 風にまかせる 帆かけ舟



新作展初日早朝に誉田屋へ駆けつけ 何はともあれこの作品だけは押さえました。初春縁起ものです。



宝招財進 (ほうしょうざいしん)



宝といえども 財といえども
ただ金品財宝のことのみにあらず



ときに宝は人であり ときに財とは命である



不可思議な光を放つ織物にしばし見惚れる。。。



誉田屋源兵衞 新たなる挑戦
奄美の未知なる染織 『 檸檬草 』



源兵衞と奄美染織工房との新しきコラボレーション



織のようでもあり 染めのようでもある迷宮作品
琉球染織でありながら西陣織の雰囲気をも醸し出す



丁子 黒糖 で染められた檸檬草を織り込んだ逸品
自由奔放なスピリッツで創られた全く新しき染織



檸檬草 織九寸名古屋帯『龍宮浄』
この野趣溢れる記念作品もふくひろに到着します。



誉田屋源兵衞 × 木乃婦 変若新月 新春祝膳



変若新月 誉田屋源兵衞 創立弐百八拾周年の夜明け
誉田屋 年の始めの新たなる胎動に心躍ります。


  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 22:58Comments(0)誉田屋源兵衛

誉田屋源兵衛 二百八十周年 新作展 魁宴(さきがけのうたげ)

2017年09月02日

来年 帯匠誉田屋源兵衛は創業二百八十年を迎えます。

秋晴れの古都。九月京都紀行。

新作展 「魁宴 さきがけのうたげ」に招かれました。

創業二百八十周年の記念に魁けて 源兵衛の「気」が溢れ「綺」がみなぎる。眼を見張る新作の数々…

産霊(むすび) 招来帯 落栗 なごや帯

「三友居」謹製 誉田屋 祝膳

創業 元文年間 二百八十年の伝統と重み。

来春 ふくひろ にて 誉田屋源兵衛 二百八十周年記念展
を催す運びとなりました。いままで見たこともない新しき誉田屋源兵衛の世界をお目にかけます。  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 13:17Comments(0)誉田屋源兵衛

続々 小倉織と春の新作展・拾遺 ~ 幽月 悠久を越えて 鴎外の刻(とき)へ ~

2017年05月15日

小倉織「幽月」融通無碍( ゆうづうむげ )なる墨暈しの縞が 瑠璃色の孔雀羽根を織り込んだと云う世にも綺なる誉田屋帯さえも さらりと包み込んでしまう奇跡…
綺物合わせの底知れぬ奥深さ、この不思議さよ…

生誕百五十五年 森鴎外「小倉日記を書く」
心輝書道会書道展 連日大盛会の中 迎えた最終日。
新緑眩しい穏やかな五月晴れに恵まれました。

不肖ふくひろもやや渋めの羽織でお伺い致しました。

誉田屋孔雀羽根帯に厄除け鱗 これまた綺なる染め分け帯揚げ 見目鮮やかターコイズ帯締めが蒼く輝く。

誉田屋源兵衛謹製御帯「叶(かなう) 幸福の成る樹」
たわわに実る幸福の果実には願い叶う瑠璃色の孔雀羽根が織り込まれ、天上に延びる生命樹の朱(あか)い幹は紅漆。夢叶う叶律郎 もはや継げなき瑞鳥孔雀羽根織

お太鼓の裏には御目出度き吉祥柄がひっそりと鎮座しておりますが、源兵衛の標榜する「京の粋」はすべてを見せぬ縁起担ぎの封じ柄。秘するが花 またいつか…

心輝書道会書道展「小倉日記を書く」森鴎外旧居に出展された書道会の「書」の数々は私たちを文豪が活きた明治の小倉へとタイムスリップさせてくれました。


小倉織 「幽月」 悠久を越えて
鴎外の刻(とき)へ 白馬駆ける

#小倉織 #築城則子 #誉田屋源兵衛 #縞勘 #孔雀羽根織 #叶 #ふくひろ #ふくひろ綺物 #小倉日記を書く #森鴎外旧居 #心輝書道会書道展


  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 10:17Comments(0)誉田屋源兵衛小倉織

ふくひろキモノ遊び in 望洋閣 ~ 天草の夜明け 天草の海の衣 ~

2017年05月10日

ふくひろキモノ遊び in 望洋閣 ☆綺物時間は矢の如し
誉田屋源兵衛 シャーベット熨斗目浴衣 に青い空のカモメのジョナサン帯 源兵衛らしからぬキュートでガーリーな夏綺物。若女将お似合いです! ٩(๑>∀<๑)۶

夕陽映える絶景の天草の海も圧巻ですが 静かで気高い天草の波の静寂(しじま)もなんとも心に染みます。
何百年も変わらぬ名勝は天草が世界に誇れる宝です。

チャイニーズドラゴン これは浴衣か?綺物か?!

深夜の誉田屋源兵衛。今年は源兵衛当たり年!

天草の海の幸 カルチャーショック イカスミのリゾット!望洋閣シェフ絶品オリジナルメニューです(⁎˃ᴗ˂⁎)

「在宅とつながるクリニック天草」の古民家へやって来ました。天草ドクトル先生は古民家を改装して天草の高齢者の方々のための診療所を作っているのです。

天草ドクトル先生 誉田屋源兵衛「唐紅(からくれない)の番傘」を纏う。誉田屋は傾奇(かぶき)もの、京の粋です。高き志、内なる熱き血潮を秘めた天草ドクトル先生だからこそ着こなせる綺物だと思うのです。

天草古民家でひとり沈思黙考 …
ホントは何も考えていないの図(笑) (*´﹃`*)

天草でたくさんの出逢いがありました。これもみんな
師匠 藤間裕志朗先生のおかげです。心より感謝です。

雨上がりの新緑に若女将の緑の帯が映えました。

ありがとう天草 また来るね ( ´ ▽ ` )ノ

早朝なぜか目が覚めて夜明けの海とこの金彩熨斗目訪問着を一枚の写真に収めようとふと思い立ちました。
夜明けの刻はまさに一瞬です。天草の高貴な海の色とロイヤルターコイズの衣が暁に溶け込むように同化してゆく変幻グラデーションの妙に息を呑みました。
この天草の奇跡にひとり感動していたのです。

熨斗目は天草の水平線
天草の夜明け 天草の海の衣

#天草 #望洋閣 #誉田屋源兵衛 #竺仙 #ふくひろ綺物 #ふくひろ
  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 19:33Comments(0)夏きもの★ゆかたわーるど誉田屋源兵衛

続 小倉織と春の新作展・拾遺 ~ 森鴎外 小倉日記と小倉織 ~

2017年05月08日

小倉男女の 高く笑ひ 高く歌ひて
門を過くるもの 暁に至るまで絶えず
( 森鴎外「小倉日記」より )


心輝書道会書道展 生誕百五十五年『小倉日記を書く』
(5/7~5/14) 森鴎外旧居にて 催されております。

小倉織を纏(まと)いて 鴎外の庭に佇(たたず)む

掠(かす)れた墨跡を想わせる陽炎の如き揺らめきの縞
小倉織 縞勘「幽月」玉虫の変幻 幽玄なる美の極み

明治文豪の旧居へ誘(いざな)われる小倉織「幽月」
異郷への憧憬(あこがれ) 孔雀羽根のモダニズム

今回の記念展が鴎外の活きた時代と現代との素晴らしき文化の橋渡しとなりますことを願っております。

鴎外と小倉織 名跡と綺物との幸運なる出逢い…

いにしえの小倉日記に想いを馳せる。

心輝書道会書道展 生誕百五十五年『小倉日記を書く』
【会場】小倉北区鍛冶町1-7-2 森鴎外旧居
【期間】5/7(日) ~ 5/14(日) 月曜休館


#森鴎外 #森鴎外旧居 #心輝書道会書道展 #小倉織 #誉田屋源兵衛 #築城則子 #縞勘 #孔雀 #孔雀羽根 #ふくひろ #ふくひろ綺物

  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 18:02Comments(0)誉田屋源兵衛小倉織

小倉織と春の新作展・拾遺 ~ 小倉縞「玄界」を纏(まと)う ~

2017年05月08日

小倉織着尺 縞勘「 玄界 GENKAI 」
融通無碍(ゆうづうむげ)なる縞のグラデーション

『小倉織と春の新作展』でご縁を戴いた小倉織着尺 「玄界」をふくひろでお披露目くださいました。
呉服屋の本懐です。心より感激致しました。

誉田屋源兵衛 × 築城則子 × 誉田屋源兵衛
小倉織と誉田屋螺鈿帯との幸運なる綺物合わせ

金彩でも銀糸遣いでもだめなのです、この螺鈿を摺り重ね織り出した誉田屋源兵衛の逸品でなくては… 。
螺鈿の無垢なる結晶体の輝きが奔放で融通無碍なる
小倉の縞「玄界」を見事に結わえ束ねているのです。

鰐革を織り込んだ内なるパワーを秘めたクロコダイルの帯締め。光放つ螺鈿をぐっと引き締めています。

小倉縞のグラデーションは決して粋ではなく女性らしい見目優しき艶やかさを醸し出しています。

鮮やかな緋色に黒雲取りの絞り帯揚げを合わせて。
螺鈿の衒(てら)いなき輝きは七色に変幻するのです。

小倉縞「玄界」をその身に纏(まと)う
小倉織の本領を目の当たりにし感激いたしました。

#小倉織 #誉田屋源兵衛 #築城則子 #縞勘



  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 09:02Comments(0)誉田屋源兵衛小倉織

小倉織と春の新作展 last day ~ 小倉の街を小倉縞で飾る幸せ ~

2017年04月24日

『 小倉織と春の新作展 』 last day
たくさんのご来場 誠にありがとうございました。

小倉の街を小倉縞で飾る幸せ
いまはただただ その喜びをかみしめております。

#小倉織 #小倉織と春の新作展 #築城則子 #誉田屋源兵衛 #縞勘 #ふくひろ  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 18:01Comments(0)誉田屋源兵衛小倉織

小倉織と春の新作展 ◇会期延長 ~ 我が街小倉 行き交ふ人と小倉織 ~

2017年04月22日

我が街小倉 行き交ふ人と小倉織

『小倉織と春の新作展 』たくさんの方が人伝てに小倉織のことを知り小倉魚町ふくひろウィンドウへ集まって来ます。小倉の地でもなかなか眼にすることができない小倉織にみなさん感嘆の声を上げられています。

小倉縞帯の魅力。雑誌『美しいキモノ』にも掲載されていた築城則子先生の小倉縞帯イエローは一瞬あいまみえたのですが今回は出品叶わずでした。どなたかどこかの街で思いがけず邂逅なさるかもしれませんね。

【縞勘】小倉織着尺『若皇子(にゃくおうじ)』に鮮やかな八掛を合わす。ポップでパステル、そしてガーリーな雰囲気はまさに現代先端のカジュアル綺物です。

小倉織の静寂(しじま) 小倉の縞はけっして粋ではなく 心穏やかな癒しの縞、優しい色の懐かしき縞です。

ターコイズの更紗帯を合わせてみました。おしゃれ綺物としての小倉織の新たな可能性を感じるコーディネートです。

「紅勘」には紅色の八掛を … いにしえの大正浪漫レトロな雰囲気に酔いしれました。

北九州在住の方や北九州出身の方にとって小倉織はいまや特別な存在です。普段の着物でありながらパーティーやレセプションで小倉織をお召しになれば大変喜ばれるといわれます。

    小倉織と春の新作展 ◇会期延長
残すところ 4/23(日)4/24(月) 二日間となりました。

#小倉織 #小倉織と春の新作展 #縞勘 #築城則子 #誉田屋源兵衛 #ふくひろ


  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 16:10Comments(0)誉田屋源兵衛小倉織

小倉織と春の新作展 ◇会期延長 ~ 躍動する縞のダイナミズム ~

2017年04月18日

『 小倉織と春の新作展 』たくさんのご来場誠にありがとうございました。最終日よもやの大雨のため予定が立たなかったお客さまのために4/24(月)まで会期延長致します。

会場のしつらえも新たになりました。
染めの仁平幸春 織の誉田屋源兵衛 東西揃い踏み…

ご売約の小倉織は現在お仕立てに回っております。

人間国宝 稲垣稔次郎(としじろう) 「虎の仔」とても縁起良き縮緬名古屋帯です。

眩しきティファニーブルー 正倉院訪問着 鬘帯文(かづらおびもん)を纏う 熨斗目に渡る金彩の祝衣 …

小倉織 躍動する縞のダイナミズム

稀少かつ入手困難な小倉織 築城則子作品を蒐(あつ)めて作品展を催すことなどそうそう実現できることではありません。みなさま この機会にぜひともご高覧いただきたいと心から願っております。

若冲の囁き 『老松鳳凰図』友禅の至宝

4/20(木)から4/24(月)まで ふくひろにて
みなさま 心よりお待ち申し上げております。

#小倉織 #小倉織と春の新作展 #縞勘 #築城則子 #誉田屋源兵衛 #ふくひろ



  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 15:37Comments(0)誉田屋源兵衛小倉織

小倉織と春の新作展 ~ 小倉織 小倉の街に鎮座する ~

2017年04月17日

【小倉織 縁起】
豊前小倉藩 小笠原騒動の最中 中老 澁田見主膳は刺客に襲われたが着用していた小倉織の袴の上を槍の穂先が滑り奇跡的に無傷であったという。主膳の話は武士の間で瞬く間に広まり 小倉織は災難除け厄除けの袴として一気に全国へ普及したという。

小倉織と春の新作展 たくさんのご来場誠にありがとうございます。北九州地元の皆様の小倉織に対する関心、熱き想いを肌で感じあらためて深い感銘を受けました。心より厚く御礼申し上げます。

小倉の地で小倉織を扱える喜び 小倉で店を構える小倉の呉服店として畏れ多くも大変光栄に思います。

中日(なかび)は築城則子先生の帯を締めたお客さまが、最終日はやはり別のお客さまが築城則子先生の小倉織の着物をお召しになってご来場くださいました。絹の裏をつけて大変しなやかな風合いです。築城則子作品の素晴らしさをあらためて実感致しました。

お客さま自ら、この『小倉織と春の新作展』に彩りを添えてもらい、会を盛り上げていただき感激の極みです。本当にありがとうございました。

小倉織 小倉の街に鎮座する …

#小倉織 #小倉織と春の新作展 #築城則子 #誉田屋源兵衛 #縞勘 #ふくひろ






  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 12:35Comments(0)誉田屋源兵衛小倉織

小倉織と春の新作展 ~ 小倉織と遊ぶ 小倉織に戯れる ~

2017年04月16日

小倉織をお持ちのお客さまがわざわざ今回のために小倉縞帯を締めて来てくださいました。感謝感激です。

築城則子先生の小倉縞帯はやはりその風合い、手触り、えもいわれぬしなやかさを目の当たりにさせていただきました。

小倉織 小倉の町に鎮座する

小倉織と遊ぶ 小倉織に戯れる

『小倉織と春の新作展』いよいよ最終日を迎えます。

#小倉織 #小倉織と春の新作展 #築城則子 #誉田屋源兵衛 #縞勘 #ふくひろ
  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 19:45Comments(0)誉田屋源兵衛小倉織

小倉織と春の新作展 ~ 小倉織を纏う 小倉織を愛でる ~

2017年04月15日

天下太平の世を成しえたのち かの徳川家康大公が心穏やかに鷹狩りに赴く折 愉(たの)しみ身に纏(まと)われたのが小倉織の羽織であったと伝えられております。

『 小倉織と春の新作展 』初日よりたくさんのご来場誠にありがとうございました。

築城則子 × 誉田屋源兵の奇跡のコラボ、小倉織着尺【縞勘】現在極めて入手困難な築城則子作品 「小倉縞帯」一堂に揃った小倉織の名品たちにみなさま感嘆の声をあげておられました。地元の小倉織に対する関心の高さといつくしみ慈愛をひしひしと感じました。

染めあがったばかりの Foglia 仁平幸春作品をふくひろウィンドウの旗頭に掲げました。

蝋纈手描き 大変精緻な江戸友禅の極北です。 

小倉織を纏う 小倉織を愛でる

地元北九州にとって小倉織とは単なる縞の洒落着を通り越えてレセプションやパーティーに活躍していただける勝負綺物だと自負しております。

小倉織を蒐(あつ)める大変さ労苦もいまとなっては甘美なる愉(たの)しみであったのかと想います。それがまた小倉織のいいしれぬ魅力でもあるのでしょう。
ふくひろにとって唯一無比の記念展となりました
『 小倉織と春の新作展 』残すところ二日間。
皆々様のご来場心よりお待ち申し上げております。

#小倉織 #小倉織と春の新作展 #築城則子 #誉田屋源兵衛 #縞勘 #ふくひろ  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 21:45Comments(0)誉田屋源兵衛小倉織

【縞勘 なれそめの縁起】小倉の地で小倉織を扱える喜び

2017年04月12日

ふくひろさん、こんど築城さんといっしょに小倉織やるさかいな。楽しみにしといてや…

京都室町三条誉田屋邸… 源兵衛氏自らわざわざ声をかけていただき恐縮しながらも小倉に店を構える呉服屋として大変嬉しく光栄に思ったことを覚えています。

ただ、現代(いま)をときめくビッグネームのおふたりゆえ本当に実現するのだろうか?とちょっと半信半疑でもありました。でもそれは杞憂に終わりました。

あれから三年… 誉田屋源兵衛と小倉織 築城則子 夢のコラボレーションがついに現実となったのです。
【縞勘】は誉田屋源兵衛プロデュース × 築城則子製作 のいまだかつてない新しい感性の小倉織着尺です。広幅ゆえ男性にもお仕立てすることができます。

「小倉織」を謳うからには築城則子先生の本領たる『小倉織縞帯』もなんとか出品したいと切に願うようになりました。小倉織縞帯は細やかで繊細な手織り木綿、絹芯を入れて仕立てると締めれば締めるほど鞣(なめ)し革のような光沢としなやかさ…えもいわれぬ風合いを醸し出すと云われています。
全国的に人気の高い築城作品を入手できるのか?この一年ひたすら奔走、ついに二点の出品が叶いました。

呉服屋として小倉の地で小倉織を扱える喜び… 。
こうして機が熟し『小倉織と春の新作展』をみなさまにお届けできることに幸せを感じます。

     『小倉織と春の新作展』
  4/15(土)4/16(日)4/17(月) ふくひろにて
  心よりご高覧お待ち申し上げております。

#小倉織 #誉田屋源兵衛 #築城則子 #縞勘 #ふくひろ
#小倉織と春の新作展


  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 00:00Comments(0)誉田屋源兵衛小倉織

小倉織と春の新作展 ~ けふひらく 春に出逢いし幸運の美姫たち ~

2017年04月09日

『 けふ ひらく 』
江戸期のファッション雑誌「小袖雛形本」より復刻の小袖ひいな形小紋。深い深い甕のぞきの碧(あお)…

「小倉織春の新作展」では小倉織だけではなく東京から京都を巡って出逢いし美姫たち、今春のふくひろ最新作も多数集まって参ります。

檸檬色の久米島紬。福木のイエローは琉球王族のみが羽織ることを許された禁色(きんじき)でした。

おすましプードル 気品あふれるわんこ帯の傑作発見!

優雅なる花葉の宴。銀座発 西陣袋帯。

蝉の羽根 明石縮 絢爛
夏きもの、夏帯、多数取り揃えております。

人間国宝 玉那覇有公 「琉球の風花」琉球紅型を夏大島粋紗に染めた玉那覇作品。夏帯は特に珍しいです。

新進の博多織作家 脇山俊明 経浮織男帯『落葉風』
秋の博多織求評会の折りに制作中であった究極の手織り角帯がついに織り上がってきました。
今回の「小倉織と春の新作展」で発表いたします。
男きもの男帯も多数取り揃えております。

紅い更紗 赤珊瑚の箔
「七宝」とは七つの仏宝。金、銀、瑠璃(るり)、玻璃(はり)、瑪瑙(めのう)、螺鈿(らでん)、そして珊瑚(さんご)を指します。世にも珍しき赤珊瑚の袋帯。

蒼穹の祝衣。熨斗目に渡る鬘帯文(かづらおびもん)
正倉院 吉祥文様を纏(まと)う。

伊藤若冲「 老松白鳳図(ろうしょうはくほうず) 」
艶かしき若冲の衣。ふくひろ綺物の白眉。

きのうでも 明日でもなく「 けふ (今日) 花ひらく 」
なんとお目出度く縁起のよいお言葉なのでしょう。

      『小倉織と春の新作展』
 4/15(土) 4/16(日) 4/17(月) ふくひろ呉服店 にて     心よりお待ち申し上げております。

#小倉織と春の新作展 #ふくひろ


  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 15:42Comments(0)誉田屋源兵衛小倉織

小倉織と春の新作展 ~ 入手困難 小倉織 春の京都で幸運なる出逢い ~

2017年04月04日

誉田屋源兵衛邸 奥座敷。春の足音 春の息吹。

春の京都へ来ました。4/15~4/17 ふくひろで開催
『小倉織と春の新作展』のための仕入れです。

ほぼ全ての着物帯がこのスポットに一堂に集結❗
現在の染織分布地図が此処に来ればひとめでわかる。

春の誉田屋源兵衛邸。小倉織の築城則子さんと西陣の織匠 誉田屋源兵衛が奇跡のコラボレーション。数年前から密かに潜行していたこのおふたりの夢の顔合わせがすべての始まりでした。

今回の京都入りは現在入手困難な小倉織を数量限定ながら確保するのが課せられたミッションなのです。

京料理の老舗 木乃婦 誉田屋 花御膳。

寒くて遅咲きだった桜もやっと華やぎ始めました。

現在入手困難 小倉織帯 築城則子 作 「翠玄」
完全新作。見事確保致しました。会当日発表です。

築城則子さんの小倉織帯は今や本当に現物が少なく、不安ながら一か八か出たとこ勝負で京都入りしたのでした。紆余曲折ありましたがなんとか小倉織を発表できる運びとなりました。これを幸運と言わずなんと言いましょう!綺物の神様に心から感謝です。

『小倉織と春の新作展』 いよいよ始動開始です。

#小倉織 #築城則子 #誉田屋源兵衛 #縞勘 #ふくひろ #小倉織と春の新作展 
  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 14:00Comments(2)誉田屋源兵衛小倉織

【縞勘】 築城則子 × 山口源兵衛 ~ 漆黒の小倉織「幽月」~

2017年03月29日

【縞勘】築城則子 × 誉田屋源兵衛 夢の競演

小倉織着尺 「幽月」

誉田屋源兵衛 謹製 櫛織八寸帯 「紫根」

     『小倉織と春の新作展』
  4/15(土)16(日)17(月) ふくひろ呉服店 にて

   ご来場心よりお待ち申し上げております。

#誉田屋源兵衛 #築城則子 #小倉織 #縞勘 #ふくひろ
#小倉織と春の新作展  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 14:08Comments(0)誉田屋源兵衛小倉織

【縞勘】 築城則子 × 山口源兵衛 ~ 小倉織と誉田屋 夢の競演 ~

2017年03月21日

  【縞勘】築城則子 × 十代目 山口源兵衛
   小倉織と誉田屋源兵衛 夢の競演。


縞の勘十郎こと桜木勘十郎は元禄の通人。縞が好きで好きで… ついた通り名がまさに『 縞勘 しまかん 』
縞勘のお屋敷は京都室町三条、現在の誉田屋邸辺り。

小倉織着尺 『 若皇子 ( にゃくおうじ ) 』

現代の『 縞勘 』が誉田屋と 染織家 築城則子 とのコラボレーションから生まれました。

4月15(土)16(日)17(月) ふくひろ にて開催致します
 『 小倉織と春の新作展 』で発表いたします。

#誉田屋源兵衛 #築城則子 #小倉織 #縞勘 #ふくひろ
#小倉織と春の新作展  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 18:06Comments(0)誉田屋源兵衛小倉織

誉田屋源兵衛 新作展 寿明月 (ことぶきみょうげつ) ~ 初春 京都・東京 染織紀行② ~

2017年01月18日

御目出度い誉田屋源兵衛のお正月。

誉田屋着物屋敷は穏やかな年の始めを迎えました。

今年も誉田屋の新春のお弁当 木乃婦の京料理をいただきました。

蛤真丈 大根金箔 のしもち …初春からおめでたい(*^^*)

見目美しい料理とおもてなしも誉田屋のアートのひとつです。

誉田屋源兵衛 新作展 『 寿明月 (ことぶきみょうげつ) 』春のふくひろ新作展に向けて 新たなる綺物がやって来ることとなりました。「善きことを聴く」
なんとも縁起よき響きです。

誉田屋の夏浴衣新作 ゆかたびらもこれぞというものはふくひろ綺物としておさえております。

『 春夏冬二升五合 』商い(秋ない)ますます(升升)繁盛(半升) 今年も頑張りたいと思います。

初春 京都・東京 染織紀行 いよいよ花のお江戸へ北上です(≧▽≦)


  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 18:01Comments(0)『 キモノびと 』 探訪 誉田屋源兵衛

『鉄輪 kanawa』『弱法師 yoroboshi 』 ~着物 de 観劇 能狂言~

2016年12月18日

福岡市大濠公園能楽堂へやってきました。能狂言の舞台にお招きいただいたのです。大濠公園は快晴なり。

御召紋羽織に仙台平袴でお伺いしました。現代の男性第一礼装ですがお能の観劇にはよいのではないかなぁといそいそと着込んで馳せ参じました。(ノ´∀`*)

御召紋羽織の羽裏は偶然にもお能の摺り友禅でした。自分でもちょっとびっくりです。この羽裏が今日このときの出番を待っていたのかもしれませんね!

若き観世流能楽師 坂口貴信さんがシテを演じます。
『弱法師 よろぼし』は波瀾万丈の人生を重ねた弱法師が親子の再会を果たすお話。
蝋燭能『鉄輪 かなわ』は嫉妬に狂った女の生き霊が鬼女となり元夫に祟るが陰陽師 安倍晴明によって祓われ退散させられるお話です。
能を拝見するのは初めてだったのですがその震えるような静寂と緊張感に感動致しました。

能衣装、その美しさにため息がでます。芝崎圭一さんの熨斗目訪問着を想起しました。能衣装はある意味 礼装着物の源泉源流ですね。

お誘いしてくださった藤間裕志朗先生は誉田屋源兵衛謹製 織熨斗目訪問着に同じく源兵衛の義経千本櫻の帯を締めてきてくださいました。

紅い御紋は京都養源院血天井の紅(あか)を縫い紋で表しました。帯の基調色の紅(あか)は源義経の鎧、緋威(ひおどし)の紅(あか)なのです。

初めて観る能狂言、大変勉強になりました。

冬熨斗目 大濠能楽 絶景かな (o≧▽゜)o
  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 14:38Comments(0)誉田屋源兵衛

北九州呉服商組合創立五十周年 キモノ園遊会 ~ふくひろ綺物コレクション~

2016年11月20日

わぁ素敵な着物美人たちがずらりと勢揃い❗(*^▽^*)
実はいまから雑誌『美しいキモノ』の撮影がここ執り行われるのです。みなさま選りすぐりのお着物姿でご来場いただきました。

本日は 北九州呉服商組合 創立五十周年記念
『キモノ園遊会』がここクラウンパレスホテルで開催されるのです。北九州商工会議所の協力のもとキモノ産地からたくさんの御協賛をいただきました。本当にありがとうございます。

『美しいキモノ』の女性ライターと女性カメラマンがわざわざおいでくださいました。さすがお着物に精通したお気遣い溢れる撮影に感激!女性らしい細やかな気配りで丁寧な撮影をしていただきました。呉服商組合員一同 心から感謝しております。

おおぉ みるみるキモノ長蛇の列!

みなさんの素敵なお着物写真は『美しいキモノ 2017春号』(2/11発売)に一挙掲載されます。いまからもォ待ち遠しくて待ちきれませんね(*´ω`*)

壮観。総勢100人近いお着物姿のお客様が一堂にお集まり頂きました。呉服屋として喜びを感じます。

乾杯の挨拶ヤバー(笑)メチャ緊張しました(;・∀・)

【キモノ園遊会 ふくひろ綺物コレクション】
誉田屋源兵衛 ペパーミントの夢

誉田屋源兵衛 古箔菱文 五十年前の枯れた金箔。

ハートペアのツバメ小紋にツインの黒猫絞り帯。ツイン合わせが楽しい着物コーデ♡

ロイヤルブルー 銀色のクリスマス

素敵なクリスマスコーデありがとうございます(*^^*)

清しこの夜 ツリー帯留め。まさに聖夜のキモノ

誉田屋源兵衛 熨斗目訪問着『風の薔薇』孔雀羽根織赤漆 『夢の成る木』源兵衛のまさにまさに超絶技巧!

wind rose <風の薔薇>とは古代ギリシャの風を読む地図風配図に由来します。その方位針が薔薇の花のようにみえたのです。これぞ超絶技巧の綺物なり。

江戸の金彩友禅 中井の逸品 金雪輪 塩瀬名古屋帯

楚々とした無地感覚訪問着。母の着物を纏う幸せ。

キモノ園遊会五十年の節目をみなさまに素敵なお着物姿でお祝い頂き本当にありがとうございます。
北九州呉服商組合はこれからもみなさまにキモノの美しさ、楽しさをお伝えできますように日々努力邁進していきます。