スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

こっそりバーゲン。。。やります。。。(^^)

2013年11月28日

   12月3日(火)から10日(火)まで 店内で こっそりバーゲンします。

 




     訪問着や色無地、袋帯など礼装モードも感謝価格でお出しします。

 




     無地感覚の大島紬もビックリ価格で出そうかなぁ~と思ってます。

     久米島紬みたいな稀少織物も何点か出品しようかと思案中です。

 




   帯締め、帯揚げもビックリ価格で出しますよ。みなさまお楽しみに(≧▽≦)  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 16:11Comments(0)びっくり ショーウィンドゥ

揃ってますよ~♪ 気品横溢 スーツ感覚の礼装訪問着

2013年11月20日

 淡彩 さらっと しかし 気品横溢(きひんおういつ) 礼装付け下げ訪問着・・・ 

 そう、まるで 控えめながら折り目正しい “スーツ感覚”の礼装着♪ (≧ヮ≦*)

 




              『 刺繍だけの付け下げ訪問着 有職文様 花菱 』

 




 以前は絢爛豪装、贅(ぜい)に凝るのがザ・キモノでしたが 近年はあっさり淡白

 なるべく色、意匠を控えた「引き算のキモノ」。シンプルゆえにヨソイキな感覚。

 




 「引き算」といっても帯締めや帯揚で色の「足し算」暖色系のヒトはクリーム系を

 寒色系のヒトはパープルやアイスピンクを合わすと印象がころっと変わります。

 




                    『 クリーム 金唐草訪問着 』 

 




              『 七宝横段に華紋 & 象牙色更紗 訪問着 』

 




 象牙色更紗訪問着は 柄行きの小ささ 間配り 空間性 絶妙ナリ!b( v≦ )

 




   『 蒼空色 ぐるぐる金唐草袋帯 』  どこか中東の香りしません?^^

 




 中東といえばこの刺繍にもイスタンブールな香りぷんぷんですよ~~*(´▽`* )~

 




              『 淡ピンク 横段唐草刺繍 付け下げ訪問着 』

 

 




 付下と訪問着の違い=左外袖から左肩へ柄が渡っているか、いないか?

 遠山の金さんみたいに渡っているのが訪問着。外袖だけの柄付けが付下。

 あっさりスーツ感覚派なら付下でも礼装着として問題ナッシングですね(´ー^)v

 




 あっさりスーツ感覚の礼装着物、いざ探すとなかなかナッシングです(≧∀≦)
  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 17:18Comments(2)びっくり ショーウィンドゥ

時季尚早?それとも好機?雪降る街角聖夜(クリスマス)の帯

2013年11月06日

 時季尚早?それとも好機ジャストミート?いつも悩んでしまいます <(^へ^;)

 クリスマスの帯をいつ発表するか?まだ早すぎるような、でも仕立てもあるし~

 
 




                       『 サンタが街にやってきた 』 

 このクリスマスの帯はアングル、空間性が素晴らしい!躍動感があるのです!

 




 先頭のトナカイは赤い鼻・・・!あえて我慢にガマンを重ねて使わなかった

 ビビッと紅(レッド)をこのピンポイントで投入です。に、憎いなぁ~(≧ワ≦*)

 




 前腹はジングルベルひとつ、うん潔いっ!無彩色だから帯締めが遊べますっ!

 クリスマスカラーの深緑もいいし、赤鼻トナカイ・ビビッと紅(レッド)の帯締めを

 我慢解禁、封印を解いてここぞとばかりに使うのもいいですね~ b( v≦ )

 




 何のかんのいっても あっという間にクリスマス。素敵な聖夜の帯でした・・・(^-^)  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 15:45Comments(4)びっくり ショーウィンドゥ

 さらに高まる反響 孤高の友禅楊枝糊 ・・・

2013年11月01日

 
 「友禅楊枝糊」は会が終わってからもその反響が高まってくるように感じます。

 




   友禅の華である糊糸目の雅味が見れば見るほど心に染み渡ってくるのです。

 




 山田崇先生の素晴らしく清らかな人間的魅力にも惹きつけられてしまいます。

 




 友禅楊枝糊訪問着 「孔雀」 plus 誉田屋源兵衛袋帯 「アカンサスの波」





 たなびくように、細く、しなやかに布面に置かれた楊枝糊 ・・・ 孔雀羽根 

 




 アカンサス 葉薊(はあざみ)が逆巻く高貴な波文・・・ 夢のカップリング

 




 控えめに、しかし絶妙に施された手刺繍は山田先生のお母様の仕事 ・・・

 




 流れるような糊糸目が身に纏われる愉楽・・・当代一の染めと思われます・・・

 




  山田先生とご一緒できて ふくひろ呉服店もレベルアップできた気がします。

 孤高の匠 友禅楊枝糊師 三代 山田栄一 これからも眼が離せません・・・。

 

   

Posted by ふくひろ 若旦那 at 19:02Comments(0)友禅楊子糊