スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

江戸染めの伝統(ちから) ~ 染匠 菱一 七十周年記念作品展 ~

2018年03月08日

不忍池を臨むバオバブの樹 幻の巨鳥エピオルニス
大東京に現出した秘境マダガスカルの原風景 …



珍しき綺物を求めて東京銀座へ仕入れにきました。



江戸染匠の雄 「菱一」 創立七十周年記念作品展が銀座で開かれました。開巻早々大変な人出です。



東京菱一とは父の代からの長いお付き合いです。
はんなりした京都の柄ゆきに対するアンチテーゼとして菱一の独創的な江戸友禅の世界を父はあえて採り入れたと聴いています。当時から東京まで着物を仕入れに行くお店はほとんどなかったのです。



「狩猟文」糸目糊の力。江戸染めの威光(オーラ)



「深紅の藤」粋と華やぎ 古典の新たなる意匠



「紫宸殿 右近の橘」格調高き江戸の鶯(うぐいす)色



脈々と受け継がれてきた江戸の粋。京の粋とは一線を画すモダンな意匠と斬新なるセンスを感じます。



坂口幸市 二枚白加賀小紋「波」染めの躍動美。
坂口さんは石川県で活動している独創的な二枚型二色染めの江戸小紋作家です。今回僕は初めて出会いました。なかなか目にすることが少ない染織です。



「ペルシャの風」異国情緒も「江戸好み」のひとつ



小玉紫泉 作 西陣本搔爪綴織 現在入手困難な逸品。
小玉紫泉さんの爪綴帯は今東京で大変な人気です。



綴帯は一重太鼓でありますが格が高く留袖の上まで合わせられます。袷でも単衣の時季でも兼用で締められるのでとても便利です。芯なし軽量なので帯が重くてと思われているご高齢の婦人にも最適です。



夜は神田の名店で美味しいお酒をいただきました。



日本橋高島屋は呉服売場が素晴らしいのでいつも勉強にみせてもらいます。現在でもエレベーターガールの方々が凛々しく働いていらっしゃるのはさすが一流百貨店の証だと思います。呉服売場の隣の「すきやばしじろう」で遅めのお昼を頂戴しました。



少しだけ時間が空いたので根津近くの上野動物園池之端門へ。シャンシャンの予約券は早くも終了していましたが上野は他にも珍しい動物がいるのです。



ハシビロコウ クロサイ コビトカバ アイアイ フォッサ マダガスカルトキ… 世界最高水準の珍獣たち!
いまや上野はアフリカ大陸 マダガスカル島の幻獣の宝庫です。正に世界に冠たる上野ZOOなのです。



東京お江戸の魅力は新しく斬新なセンスばかりでなく長年培ってきた伝統(ちから)です。不忍池のバオバブの樹を眺めながらそんなことを想いました…

  

Posted by ふくひろ 若旦那 at 18:45Comments(0)東から西へ ふくひろ綺物紀行